サッカーは監督だ

トップの監督になるために必要な情報を集めたプラットホーム。日本のサッカーが発展することを願って。

スポンサーリンク

ベルギーフットボール アンドレヒトアカデミーの形

2014年のブラジルワールドカップの準備に向けてベルギー代表監督ビルモッツの周りは非常に慌ただしくそして、熱っぽかったのだ。前評判では1984年のメキシコワールドカップのベスト4を超えるとさえも言われていた。しかし、最終的にアルゼンチンに…

クライフとAjaxとオランダサッカー

オランダ代表は残念ながらロシアワールドカップを逃した。 オランダ国内はもちろん、世界中でオランダのサッカーが下降していると感じた瞬間かもしれない。 オランダ人記者がアルゼンチン代表監督のSampaoliにこんな質問をしたようだ。 「オランダ代表監督に…

クロップのお家芸 ゲーゲンプレスを見てみよう

We will conquer the ball, yeah, each fucking time! We will chase the ball, we will run more, fight more. 2年前にリバプールの監督クロップが発言した言葉である。 これはまさにクロップのサッカーを最大限に表現した言葉かもしれない。 クロップのサ…

クライフの教え タレント育成編

選手育成について知っていますかという問いについて、クライフなら必ず「Yes」と答えるであろう。クライフは特別な選手、特別な監督だけではないのをご存知であろうか。そう、彼は特別な育成者でもあるのだ。 まずクライフはテクニックを持っていることがタ…

プレミアリーグの3バック革命

シーズンが始まり約1ヶ月半。プレミアリーグを見てみるとあることに気づく。 約半分のチームが3バックと2ウイングバックシステムを採用していることだ。 果たしてこれはなぜであろうか? シティと共にスタートダッシュを切ったユナイテッド。モウリーニョ…

モウリーニョのモチベート方法 7つの質問

マンチェスターシティと共に最高のスタートを切っている赤い悪魔、マンチェスターユナイテッド。監督としてのモウリーニョもついに復活するかもしれない。 そして、スペインで行われた戦いを第一次戦争とすれば、今シーズンはついに彼らの第二次戦争の幕開け…

サウサンプトンの新しい試み

日本代表吉田選手が所属するプレミアリーグ、サウサンプトンも新しい試みに挑戦している。 この取り組みは昨シーズンから始まったようだ。 昨シーズン、GKのFraser Forsterが足に怪我を負った。 彼はGKとしてトレーニングできないことへの不安や恐れを感じて…

ポルト時代のモウリーニョの哲学

今やサッカー界でこの名前を知らない人はいないであろう。その名はジョゼ・モウリーニョ。彼のボルト時代のサッカー哲学についての資料を見つけたので紹介したい。あれから時が流れ、今やマンチェスターユナイテッドの監督となったモウリーニョ。彼自身、成…

ホッフェンハイムがバイエルンに勝てた理由

ホッフェンハイムの監督、ナーゲルスマンが若手監督の中でも飛び抜けていることはもはや周知のことである。またしても彼はバイエルンに勝ってみせたのだ。 さて詳しく見ていきたい。 フォーメーション ナーゲルスマンのホッフェンハイムにおいて非常に印象的…

今さら聞けないバルセロナの哲学〜これを読めばバルセロナのサッカーがわかる〜

多くのチームや監督、コーチがバルセロナのサッカーについて語り、真似をしたがる。それは彼らのサッカーが革命的で観ていて興奮する他ならないからだ。 バルセロナのサッカーにおいてはレベルの高い技術とある特定の理解、ゲームを読む力が必要とされる。決…

どのように中国はサッカー大国になろうとしているのか?

中国マネーによってサッカー界に革命を起こそうとしている中国。果たしてどのようにサッカー大国になろうとしているのか。実際のところ、ワールドカップ予選では結果が出ていない。今回も出場できないのが現状であろう。 しかし、中国はいたって冷静なのかも…

保護者やコーチは気にしているか?

保護者やコーチは選手の早期からのそのスポーツの専門化に気をつけなければならない。これを考慮しなければ選手を肉体的な問題という危険にさらしてしまう可能性があるからだ。これはある種、社会心理学的な問題である。 数十年前にあるトレンドが存在した。…

スポンサーリンク